運営会社について

事業主体名 株式会社 敬愛
代表者名 代表取締役 丸茂 幸子
所在地 大阪府泉佐野市羽倉崎上町3丁目3番41号
資本金(基本財産) 3000万円
設立年月日 平成15年6月12日
関連グループ 医療法人清仁会

ごあいさつ・プロフィール

代表取締役 丸茂 幸子

当施設は、介護付老人ホームで、介護保険適用になっています。

国や大阪府の基準を満たし、かつ入居される方の自由が制限されることがない施設を目指しております。

看護師・介護福祉士・ヘルパー・介護支援専門員・生活相談員等の専門スタッフが利用者のご希望に沿うべく日夜努めています。

長期にわたり安心して滞在いただける家庭的な施設でありたいと職員全員が心を合わせて励んでいます。

櫻苑 医療顧問 丸茂 岳(医療法人 清仁会 水無瀬病院 理事長)

先日、櫻苑のある泉佐野市で、≪第8回 泉州地域医療フォーラム≫ が開催され、「超高齢社会に求められる医療」と題して、大内 尉義 先生(虎の門病院院長、老年医学会前理事長、東京大学名誉教授)がご講演されました。老年症候群やサルコぺニア、フレイルといった老年医学におけるトピックスを幅広くお話いただき、大変勉強になりました。
 

「治す医療」が中心であった時代は過ぎ去り、現在の超高齢社会では「癒し支える医療」が求められるようになっています。
高齢者が抱える問題は複雑ですが、以下のように大別できるそうです。
① 疾病:治療の対象である病気のこと
② 身体機能面の低下:足腰が弱っている状態や、持病として肺や心臓などの機能低下を抱えている状態など
③ 精神機能面の低下:記憶力や判断力の低下、意欲や関心の低下など
④ 社会環境の問題:独居や高齢者二人暮らしなどの介護力不足、交通アクセスの悪い住居や、段差の多い家屋構造など
 

これらの多面的な問題をすべてすくいあげるためには、従来は別々の領域とみなされてきた医療・介護・福祉サービスが、重なり合った一体としてお一人おひとりの高齢者に提供される必要があります。
 

外来診療の場面で記憶力や関心が低下している患者さんと会話をしていても、ご本人から普段の生活(食事量や体重変化、自宅での血圧、内服状況、排泄状況など)に関して正確な情報を聞かせていただくことは困難です。普段の生活についてデイサービスやデイケアの施設には情報があるはずですが、介護系の施設で測定された体重や血圧などのデータを医師が見せてもらえることは滅多にありません。
 

櫻苑では普段の生活について、食事量や体重変化、血圧の変化、内服状況、排泄状況の記録を残しています。さらに、診察を受ける際には施設の看護師が同伴することで、担当医師に必要な情報がダイレクトに伝わる仕組みを採用しています。これは医療と普段の生活とを円滑に結びつける優れた方法で、高齢者が安心して生活できる櫻苑の特色です。このような良質なサービスを継続していくことが、櫻苑にできる地域貢献であると考えます。

施設長 田所 登美雄

 ご入居されている方、お一人おひとりが「安心な暮らし」「上質な暮らし」「自分らしい暮らし」を送っていただくために「24時間看護師・介護士常駐」「2:1以上の手厚い職員配置」「食へのこだわり」等を行い上質な手厚い配慮の行き届いたサービスの提供を行っています。

 

また、スタッフ一人ひとりが、「尊敬の心」「感謝の心」「豊かな心」「丁寧な心」「暖かな心」を持ち、求められる「最高のサービスの提供」が出来る施設として、スタッフへの教育・研修の充実にも取り組んでいます。

 

地域・医療と連携・連帯し、更に技術・社会の「進歩」「変化」を取り込み、求められる「生活の質を高める最高のサービスを提供し続けること」に邁進し取組んで参ります。